相続放棄は覆すことが出来る?

安易に相続放棄を選択する相続人もいます。その後、多額の遺産が発見され後悔をする人もいることでしょう。相続放棄を覆す方法がないかなと、模索をするのではないでしょうか。

今回の記事では、相続放棄をした後に、覆すことができるのかについて解説をしてきます。相続放棄をしたことを後悔されている人は、参考にしてください。

相続放棄の撤回

相続放棄をした後、思いもよらぬ遺産が見つかり後悔をする人もいます。相続人に戻るため、撤回をしたいと考える人もいるかもしれませんが、それはできません。

相続放棄をされた後は、もともと相続人ではなかった扱いになり、ほかの相続人や下位順位の相続人が協議などを始めています。そこに、やはり撤回しますと相続人が現れたらどうでしょうか、それを認めれば進まない相続も増えることでしょう。

相続放棄をしてしまった人に対し撤回を認めるのは、スムーズな遺産相続の妨げです。民法ではこれを認めていません。しかしまったく覆せないかと言われれば、そうとも言い切れません。非常に困難ですが、覆すことが認められるケースもあります。

相続放棄を覆すケース

次の場合においては、覆すことを認められる可能性もあるので、確認をしておきましょう。

相続放棄の取下げ

家庭裁判所へ申立て受理されたことにより相続放棄が成立します。相続放棄を申立てた後でも、受理をされる前の状況ならば、取下げることも可能です。ただし、受理をされるまでは時間があまりありません。期間が短いことから、早急に手続きを行いましょう。

相続放棄の取り消し

取下げができない人は、取り消しをする方法もありますが、相当ハードルが高いと思ってください。撤回ができないものを取り消すのだから当然です。取り消しを行う場合は、主に次の2つの理由を証明してください。

また、未成年者が法定代理人の同意なく相続放棄をした場合、または成年被後見人が成年後見人の同意なく相続放棄をした場合は、それほど難しくなく取り消すことが可能です。

虚偽の情報に騙された

相続に関し、ウソに騙され相続放棄をした場合、それを証明できれば取り消されることもあります。「相続すれば逆に債務に追われることになる」と聞いた場合、それならば相続放棄をしようと考えてしまうことでしょう。しかしこれが虚偽の内容で、別の相続人が多額の利益を得るために仕組まれたものだとすれば、例外的に認められるかもしれません。

相続放棄の強要や脅迫

相続放棄の書類に、第三者から強要や脅迫を受けサインしたことが証明できれば、取り消されることもあります。相続をしたいと思っていたにも関わらず、葬儀が終わったあと、親族に恫喝されるケースも少なくありません。多額な相続をしようと、親族も躍起になっていることもあります。これらは脅迫に該当するかもしれません。証明のハードルは高いため、弁護士に相談をして取消の手続きを行いましょう。

錯誤無効の主張

相続放棄は勘違いで行ったものと主張をします。この主張により、相続放棄を無効にする方法です。ただし、錯誤に対し重大な過失があった場合は認められません。つまり、単に勘違いでしたと言って認められるものではないことを知っておきましょう。

相続放棄を覆す場合は弁護士に相談

相続放棄を覆すのは容易ではありません。撤回を認めないと民法で定められているため、法律の素人では覆すのは困難です。取り下げならば、期間が間に合えば問題ありませんが、取り消しや錯誤無効の主張は一人では難しいと思ってください。

相続放棄を覆すのならば、弁護士に早い段階で相談をしましょう。可能性を高めるのは、これしか方法はありません。法律の観点から的確な行動を仰ぐようにしてください。