相続放棄の有無を照会する方法

債権者からの急な返済請求に、驚かれる人もいます。よくよく聞くと、先日亡くなった兄弟の債務、私には関係ないのでは?と思いつつも焦る人もいることでしょう。私は相続人ではないと話しても、上位順位者が相続放棄をしたことから、知らぬ間に相続人になっているケースも少なくありません。

このようなケースでも、焦らないでください。まずは、落ち着いて、上位順位者の相続放棄の有無を照会することから始めていきましょう。

相続人かの確認

兄弟には子どもがいた、だから相続は子どもがするだろうと、決めつけるのはよくありません。たとえ叔父叔母に対しても、実の親の債務を公表したくないと思うのも仕方のないことではないでしょうか。

しかし兄弟にしてみれば思いもよらぬ相続です。そもそも上位順位者が相続放棄をする理由は、多額の債務を被相続人が持っていたケースがほとんど、相続権が回ってくることでプラスの科率は極めて低いのではないでしょうか。どんなときも焦らないよう、自分が法定相続人になり得そうな時は、次の2つの方法から確認を怠らないようにしましょう。

上位順位者に確認

一番効率が良いのは、上位順位者に直接確認をする方法です。ただ、甥や姪と疎遠な可能性もあります。連絡を取らない間柄かもしれません。その場合は、直接聞くことも難しいです。

その結果、急な債権者からの請求を受けることが起きてしまいます。ただし、そのことで甥や姪を責めても仕方ありません。上位順位者が相続放棄したことを知らせる義務はなく、受理をした裁判所も連絡をしません。

相続放棄ができるのは、知り得た日から3カ月以内です。この場合、上位順位者が連絡をしてこないことで、相続の有無を初めて知ったことになります。つまりここから3カ月以内に相続放棄をすれば問題ありません。間違っても債務の請求を受け支払うことの無いようにしてください。

甥や姪に聞けない場合は、裁判所へ相続放棄の有無を照会しましょう。

相続放棄の有無の照会

上位順位者が相続放棄か限定承認をしたかが分からない場合は、家庭裁判へ相続放棄の有無を照会しましょう。照会をすることにより、自分が相続人なのかどうかの確認が行えます。

これにより、自分が相続人と知れば、相続放棄を期限までに行いましょう。上位順位者が相続放棄しない限り、下位順位者は何もできません。あらかじめ提出しておけば安心と思われるかもしれませんが、まだ相続権がない状況です。放棄するものなど存在しません。上位が放棄をしてからでなければ、相続放棄ができないので注意をしてください。

裁判所へ相続放棄の有無を照会する方法

そでれは、裁判所へ相続放棄の有無を照会する方法について解説をしていきます。

照会の申請ができる者

家庭裁判へ照会申請ができる者は「共同相続人」と「被相続人に対する利害関係人」のみです。

照会手数料

照会手数料は無料ですが、返信用封筒とそれに伴う送料が必要です。

照会時に添付が必要になる書類

照会時に必要となる書類は、家庭裁判所や相続人より多少異なることもあり得ます。照会先の家庭裁判所へ事前に確認をしてから準備を開始しましょう。

相続人になっていたら

裁判所へ相続放棄の有無を照会した結果、すでに相続人になっていたならば、自分がどうするかを早急に決めましょう。上位順位者が相続放棄をしていることから、マイナスの遺産が多いことが予想できます。もし、債務者からすでに支払いの督促を受けている場合は、早めに相続放棄をしてください。

ただ、実家を手放したくないなど、複雑な事情があるかもしれません。その場合は、期限内に弁護士へ相談をしてから判断をしましょう。期限内で尚且つ遺産を処分していなければ、いつでも相続放棄は可能です。まずは、相続放棄に強い弁護士へ相談をすることをおすすめします。